« July 2007 | Main | September 2008 »

The Last Lecture (最後の授業 ぼくの命があるうちに)

The Last Lectureはカーネギーメロン大学のRandy Pausch(ランディー・パウシュ)教授が昨年9月に行った講義だ。
アメリカでは「Last Lecture」という言葉を使って、「これが人生最後の講義だったら何を教えるか」と問うようだが、このランディー・パウシュ教授はこの講義の何ヶ月か前に癌と診断され、余命6か月との宣告を受けていた。

講義はYouTubeにもアップされているので講義の様子は実際にみることができるが、末期ガンの患者とは思えないほどに情熱的に、そしてユーモラスに自分の子供時代の夢と自らの人生を振り返りながら、学生達に人生の教訓を伝えている。

全米で話題になり、4月に本が発売となり、一気に本を読んだ。
そして素晴らしいことに日本語版が6月19日に発売になる。こんなに早く出版された。この本はたくさんの人に読んでもらいたいお勧めの本だ。

最後の授業 ぼくの命があるうちに最後の授業 ぼくの命があるうちに
矢羽野 薫

ランダムハウス講談社 2008-06-19
売り上げランキング : 1026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The Last LectureThe Last Lecture
Randy Pausch

Hyperion Books 2008-04-10
売り上げランキング : 74

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカで話題になってすぐに日本語の記事もでて、2007/10/09 末期ガンのランディー・パウシュ教授、最後の講義「心から伝えたいこと」には講義から抜粋されたパウシュ教授の教訓がのっている。

    自分に対する人からの意見に耳を傾けること。人から手厳しい批評を受けた時に、 「ちょっと待ってよ、そうなったのは…」と言い訳をするかわりに、「確かにそうだ」と言える人は少ない。人からフィードバックをもらったら、耳を傾けて、活用することだ。

    感謝の気持ちを示すこと。終身教授になった時、研究チームを一週間、ディズニーワールドに招待した。同僚が何でそんなことするのだ? と尋ねた。研究チームが日夜取り組んでくれたおかげで、自分は素晴らしい職を手にすることができたのだ。感謝の意を示さないことこそ、不可能だ。

    不満を言わないで、一生懸命やる。

    何か得意なことをもつ。それによって価値が高まる。

    懸命に働く。私が一年早く終身教授になった時、準教授に秘訣を聞かれた。私は「金曜日の夜10時にオフィスに電話をくれたら教えるよ」と答えた。

    人の良いところを見つける。ディズニーのジョン・スノビー氏が、「長期間、あるいは何年も待つこともあるが、人は良い面を見せてくれるよ」と教えてくれた。 完全に悪い人なんていない。良い面が見えるまで、待つことだ。

    そして、準備をすること。幸運は、準備と機会が出会った時に生まれる。

    気づいたかな? 夢をいかにかなえるかが問題ではないんだ。いかに人生を進めていくかなんだ。正しい方向に進めば、運命が導いてくれる。そして夢の方から、あなたに向かってやってくる。

これを見て、愚痴ばかりで一生懸命やらない、自分のことを本当に恥じた。この本のことも講義のことも時間が経つと忘れてしまうが忘れないためにも目につくところに本を置いている。

この最後の講義は、学生達に人生の教訓を伝え、語りながら自分の幼い3人の子供達に向けたメッセージがたくさん詰まっている。
そしてランディー・パウシュ教授が自分の本の発売について話したことが忘れられない。

「ぼくはこの本が何冊売れようが、部数のことなんか関心がないんだ。「3冊」を除いてはね。重要なのは初めの「3冊」なんだ。」


ランディ・パウシュの「最後の授業」1 (日本語字幕付きが投稿されたようです!!)

英語のオリジナル版はこちらで。
Randy Pausch Last Lecture: Achieving Your Childhood Dreams

TV番組で10分バージョンの講義を行ったランディ・パウシュ教授

DVD付きもあるようです。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
矢羽野 薫

ランダムハウス講談社 2008-06-19
売り上げランキング : 176

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これを気にブログも復活しよう!!

| | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2008 »