ベーコンが食べたい時は。。。 (BaconとBaconator)

ベーコンが食べたい時がある。それもカリカリのやつ。
そしてベーコンの匂いも味も好きだ。

体のことを考えればあまりベーコンはよくなさそうだが、どうしても食べたい時がある。
ハンバーガーでもベーコンが入ったやつが好きだ。いろいろ食べた中でどうしても食べたい時は、やはりWendy'sのBaconator(ベーコネーター)が一番だ。

Baconator

The Beconatorのテレビコマーシャルも好きだ。

Woman: "This salad is really good, you want a bite?" (サラダ結構いけるわよ。ちょっと食べてみる?)
Man: "No, no, thank you, I'm a meatatarian." (いいよ、いいよ。僕は「ミータタリアン」なんだ。)
Woman: "A what?" (えっ? (なんていったの?))
Man: "A meatatarian? I only eat meat - beef, bacon? You know, meatatarian?" (ミータタリアンだよ。僕は肉しか食べないだ。ビーフやベーコンとか。ミータタリアンだよ。分かるよね。
Woman: "...oh." (。。。。。)
Man: "It's a personal choice. You have to commit to it, you know?" (個人の好みだよ。ちゃんと守らないとね。)

Taco BellのBacon Club Chalupaもなかなかイケる。そしてCMは全くその通りだ。

Girl 1: This place is great. (ここ、いいところね。)
Girl 2: So many cute guys here. (そうでしょ。かっこいい男の人がたくさん。)
Girl 1: Mmhmm. Do you smell.... bacon? (えっと。。。ベーコンの匂いしない?)
Girl 2: Oh, yeah, it's a Bacon Club Chalupa . Guys love bacon. (そうだったわ。Bacon Club Chalupaよ。男の人ってベーコン、好きでしょ。)
Girl 1: Like that's really gonna work, come on. (うまくいくといいわね(そんな分けないでしょ!)。 いきましょ。)
Guys: Hi... Hey... How's it goin'? What is that you're wearing it's.... it's intoxicating. (やあ。その、、こんばんは。何をつけてるんだい? なんか、こう、ワクワクする感じがするよ。)

アホ。

ベーコンの焼ける匂いで起こそうという目覚まし時計まで作ってしまった人もいる。
この「WAKE n' BACON」は寝る前にベーコンを置いておいて、設定時間の10分前になるとゆっくりとハロゲンランプでベーコンを焼き始める。

Wakeandbacon

ベーコンの焼ける匂いで目を覚まし、ベーコンと卵、それにたっぷりの甘いシロップを掛けて食べる。
うーん。なんか、こう、ワクワクする感じがする。

ベーコンはダイエットや健康ブームであまり注目されなくなったけど、声を大にして言いたい。

ベーコンが好きだ。ベーコンをもっと食べよう!

| | TrackBack (0)

Lee's Sandwiches (ベトナムのサンドウィッチ)

もう既に3月になってしまった。今年は雨が少なく、外は既に春の陽気である。そしてNFLのシーズンが終わり少し気がゆるんでしまっているのかもしれないが、仕事がうまくいかない。考えたようにはかどらないのだ。焦ると時間ばかり過ぎていき、そしていくつか仕事が重なっていく。
お昼のランチもまともに取る時間もなく、最近は走る回数も減り気味だ。そんな中で久しぶりにLee's Sandwichesを食べた。

Lee's Sandwichesはベトナムのサンドウィッチで大好きなサンドウィッチの一つ。ベトナムのサンドウィッチのパンはフランスパンで表面はカリっとしており、サクサク感があって硬くなく簡単に噛み切れるくらいの柔らかがある。
パンも店内で焼いており、クリスピークリームと同じように「Hot」のサインがついている時はパンが焼きたてのサイン。
最近はサンノゼ界隈でもどんどんと店が拡大中で、2002年に初めて食べた時は家から車で20分ぐらいのところの本店が一番近かったのに、今では5分も掛からず、通勤途中に寄れる場所にできている。
南カリフォルニアにも進出しておりベトナム系アメリカ人で知らない人はいないベトナムサンドウィッチの最大チェーンである。
値段も安い。残念ながら現在は$2.75もする(実は場所により$0.25-$0.50ぐらい異なる)が、当時は$2.00以下の$1.75だったのだ。
中でもお気に入りは「Grilled Pork」と「Grilled Chicken」だ。(写真はPork)

Lpork

表面がカリっとしたパンにはメインの肉の他にニンジンと大根の甘酢漬け、ハラペーニョと香草が入っている。
それぞれが完璧に役割を果たしている、まったく無駄のないサンドウィッチだ。

日本ではクリスピークリームのブームがまだ続いているようだが、もしその次があるとすればベトナムのサンドウィッチかも知れない。Lee's Sandwichesはチェーン展開され、種類もかなり多く、アメリカナイズされたサンドウィッチだが、ベトナムのPhoと同様にこのサンドウィッチにもそれぞれお店により特長がある。

「外でノンビリと食べることができたら美味しいだろうなぁ」と思いながら、結局お昼が過ぎていくのである。

Leesandwichmckee
(屋根のフランスパンが目印)

| | TrackBack (0)

クリスピークリームドーナツ、新宿オープンのその後は...?

クリスピークリームドーナツが新宿にオープンして1ヶ月になる。まだまだ行列はできているのだろうか。
日本にいる友人が開店後にクリスピークリームにいったところ、あまりの混雑と長い行列にあきらめたということで送ってくれた写真がこれ。
Kkd1

購入までに1時間待ち、そして交通整理のおじさんまで登場しているほどの人気ぶり。
Kkd2

クリスピークリームは確かにおいしいんだけど、そこまで長い行列ができるとは本当に驚きだ。そしてクリスピークリームのホームページに行くと、2つのウィンドウがポップアップで登場する。


営業時間のご案内 7:00~23:00
混雑状況により、23時より前に受付を終了させて頂く場合があります。

クリスピー・クリーム・ドーナツ新宿サザンテラス店 クルー大募集

ブログでもクリスピークリームで検索するとたくさん記事が登場しているし、@niftyのデイリーポータルZでも12月に最も検索された言葉にクリスピークリーム ドーナツが登場している。こういったニュースやブログ効果から開店1ヶ月後でも更に混雑しているのではと考えている。日本では、その場では食べられる雰囲気ではなさそうなので買って帰ったドーナツはぜひ電子レンジで8秒間温めて食べることをお勧めする。
まだまだ日本でのクリスピークリームのブームはしばらく続きそうだ。

しかしオリジナルグレーズドが1個150円は考えてしまうなぁ。前にも書いたが、日本で2ダース、24個で3000円もするクリスピークリームは近くのお店では1個59セント。割引になる会員カードをみせると2ダースが$6で買える。24個がたった6ドルです。
Kkdcp

バブル経済崩壊後の海外ブランド品の内外価格差は減少の方向にあるのになぜドーナツがこれほどまでに高いのか。内外価格差は短期的要因としては、円高が急速で国内価格の調整が遅れること、為替レート自体が貿易財の価格よりも割高になることが言える。 ただし、これらはある程度、期間がたてば消えていくはずのものである。

今後、クリスピークリームドーナツの内外価格差の問題が大きな問題として取り上げられるかもしれないと真剣に心配している。

| | TrackBack (2)

クリスピークリームドーナツが新宿にオープン!

元同僚から先日、久しぶりに興奮したメールが届いた。

「ついに、日本にもオープンするようです!!」

あのクリスピー クリームが日本に展開することはニュースで知っていたが、遂にクリスピークリームドーナツジャパンとして12月15日に新宿店がオープンするようだ。
おめでとう!

アメリカではクリスピークリームがオープンするとなると前日の夜から待ちきれない人たちが列を作りお店の開店を待つほどの人気ぶり。まさに熱狂的、いやパルプンテ的なクリスピークリームファンがいるのだ。
ここ数年はローカーボダイエット(炭水化物抜き)やフランチャイズ展開であまりうまく経営がいってないがドーナツは相変わらず美味しい。
こちらではHOTが点滅しているときにお店に入ると揚げたてをサンプルとして無料でくれるのだが日本ではどうだろうか。あと紙の帽子もあるのか。こういう風に食べるのが正解だ。

Khat

またキャンペーンはどうだろう。
僕の利用しているアメリカの銀行のメンバーシップを見せると「Buy one, get one for free! (1箱買うともう一箱無料)」となるので必然的に2箱買うことになる。(24個!) これでたったの$6だ。
この滑らかな芸術的なドーナッツ肌というべき表面は買った当日と次の日の朝ぐらいまでは保ち、冷めてしまっても電子レンジで8秒間温めれば、出来立ての味に近い味が再現される。日本の電子レンジとアメリカのものでは消費電力に差があるものの同じ効果が期待できるはずだ。

Kkd

ドーナッツの種類は....などなど、まだまだ気になることはたくさんある。
もし行ったらぜひ報告してね。

| | TrackBack (1)

禁断の果実

アメリカに住み始めた頃、実は約1年ほど奇病に悩まされた。
時々定期的に再発し、病院にも行っても原因が分からず薬でも治らない。奇病に悩み悩み続け、しかし1年後に自分で原因を発見した。(それ以降は全く再発していない。)

その、奇病というのは症状として、突然唇の端がビリビリと痺れ、数時間後には唇がひどく荒れ、腫上がる。目の周りなども次第にかさかさになり、最後にはかゆくなり腫上がる。まるでけんかでもして殴られたような顔だ。元に戻るには1週間ぐらいかかる。約1週間が周期だ。
この期間は何もする気がおきず、顔も気持ちもボロボロになる。自分のいった病院では病名が分からず、血液検査をしたところ、ドクターはヘルペスかもしれないという。しかし、症状的には水泡もできてないので、絶対ヘルペスではないと思っても薬を飲んで1週間ぐらいすると症状は消えてしまうだ。
ドクターは「多分ヘルペスだ」というが、たびたび再発するのである。そして薬の速効性が全くない。
おかしいと思いながらも時々薬を処方してもらうしか、すべがない。しかしあまりに再発するのだ。薬は飲み続けている、しかし、たびたび再発する。英語のページも含め、ネットでもいろいろ原因を調べたがやはりそれらしい原因はわからない。

そして、奇病の原因はなんとフルーツのマンゴーだった。マンゴーアレルギーだったのである。
アメリカに来るまでマンゴーなんか殆ど食べたことがなかったのが、インド料理で出てくるマンゴーラッシー、中華料理のデザートのマンゴープリン、そしてマンゴースムージーがきっかけでマンゴーに目覚めてしまった僕はマンゴーが大好きになっていた。
そしてとどめが果実のマンゴーもスーパーで10-12個が5ドル程度で売られている。これを買って食べるとまた最高にうまい。時々買って食べては「本当においしいフルーツだなぁ」と思っていたのだ。

マンゴーがアレルギーを出すとは気付かない僕は、突然現れる奇病の原因として、お昼休みにジョギングをしているため炎天下の中を1時間も走ったりしたらそうなるのではないかと思い、PF30、PF50の日焼け止めやら塗りたくって走ったりしていた。

発見したのは、偶然、ある時期に日本に長期に帰国した時だ。当然日本では奇病にもならず症状がでない。
しばらくしてアメリカに戻り食べたくなったのがマンゴー。またこれが美味しい。数個を一度に消費した。

すると2日後、奇病が再発。もしやと思い、インターネットで調べてみると、マンゴーアレルギーというのがあるではないか。
様々な文献をさがすと症状はまったく同じで食べてから1-2日後に発症するので気付かない人もいるとのこと。その通りだ。マンゴーアレルギーは直ぐに発症しない。次の日にも出てこず、ほとんど2日後にでてくるのだ。そして確かに出張でいろんな所に行っている時は再発しない。
まさかあんなにおいしいマンゴーが奇病の原因 だったとは....
これを発見するのに1年以上もかかった。マンゴーはウルシ科に属するフルーツのようだ。不思議だ。
いままでなに食べてもアレルギーが出なかったのに食べ物で出るとは。マンゴーは完熟しているのはアレルギーが出にくく、完熟前のがアレルギーが出やすいそうだ。

その後アレルギーに関していろいろ調べてみると、たくさん食べ物のアレルギーというのはあるのだ。
いろんなフルーツやナッツ類等、中には命に関わるものもある。アメリカでは様々な人種が生活しているし、食べ物の好き嫌いを含め、あまり食べ物の強制をしないのはこういう背景もあるのかもしれない。

店頭で売られているマンゴーを時々みながら思う。

食べたい。でも食べられない。

こんな危険なフルーツのマンゴーが大好きなのに、一生食べられないのか?
まさに禁断の果実だ。
Mango3

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Pringles Ketchup

最近、Pringlesのコレクションに新たに加わったのがプリングルスのケチャップ味。これはアメリカで売っているのではなくてカナダで仕入れてきたもの。Laysのケチャップ味といい、なぜカナダはケチャップなんだ?
Pringlesketchup
でもさすがプリングルス。このケチャップ味はかなりイケてる。近頃は何でもケチャップ味の味覚に慣れてきていて、フライドポテトを買う場合は大量にケチャップをもらい、フライドポテト一本づつ、丁寧にケチャップをつけないと気がすまないぐらいだ。でもこれは、なぜか酸味のある独特のケチャップ味なのだ。これはカナダ特有なのか? 
たしかにカナダは「酸っぱい」イメージだ。知り合いのカナダ人はフライドポテトに酢をかけて食べるし。でもこのPringlesはカナダ限定にしておくにはもったいない。アメリカでも人気は出るはずだ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Napaでの衝撃 - CASK23

Napaを訪問するのは4年ぶりだ。カリフォルニアワインで有名なNapaはSan Franciscoの北に位置し、San Joseからでも2時間ちょっとで行くことができる。アルコールを殆ど飲まない自分にとっては無縁の地のはずが、日本からのお客さんの希望により、ドライバーとして一緒に行くことになったのである。
SFO到着後、そのままNapaに向かい、夜には会食があるため、何件もワイナリーをまわる時間がない。今回はNapaでの昼食と代表的なOpus One, Robert Mondaviのみにターゲットを絞る。到着後、予約しておいた少し高台にあるホテルのレストランでNapa Valleyを見下ろしながらの昼食。
ここで事件が起きた。
自分では殆ど飲まないものの、ワインに興味が全くないわけではない。ワインの作り方や種類、味には興味があるし昨年は家で作ったこともあるぐらい。そして今回はある程度有名なワインの名前ぐらいは暗記していったのである。今回、最初に選択したワインがなんと、「Stag's Leap CASK 23」であった。
Cask23
ゆっくりとグラスを回して香りを楽しみ(というか楽しむフリをして)口に少量を含む。
なんだ、これは!
今までに口にしたことがない味が口いっぱいに広がった。これが高級ワインの味か!もちろん最初からワインの名前が分かっているからだろうけど、今までに経験したことがない衝撃が走った。
CASK23のそれも2001年。これは後で調べてみると今年5月に開催されたパリテイスティング30周年イベントにおいて、California Cabernet Sauvignon部門で第2位のワインだ。
その後、Opus Oneへ移動。まるでここは美術館だ。テイスティングはきっちりとグラスに引かれた線までで一杯$25。Opus Oneを試すのも初めてだったが最初のCASK23の衝撃が強く、どれだけおいしいのか期待したものの味がかすんでしまい、「へー。Opus Oneってこんな味なんだー。」というなんとも落ち着いた感想となってしまった。もちろん、少し口に含む程度の味見だ。
Mondaviで初めて自分の知っている、今まで経験したワインの味に近づいてきた。ワインよりも葡萄畑が印象に残った。
Mondavi
なぜNapaに今まで来なかったんだろう。Napaもワインも奥が深い。深すぎる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

San Jose Donut Museum (Lou's Donuts)が閉店へ

San Joseのダウンタウンの中心から少しはずれたところにLou's Donutsというドーナツ屋さんがある。
店の2階が「ドーナツミュージアム」になっていて、1955年にオープンしてからの店の歴史や当時の戦争の映像、そして今のドーナツ作りまでのビデオも見ることができる。既に開店から50年も経つ「老舗」のドーナツ屋は朝6時にオープンし、午後2時にはドーナツが完売し閉店してしまう。中には30年も通い続けている人もいるぐらいの警官や通勤に向かう人達に人気の店だ。
ドーナツ自体は素材と油、チョコレートにこだわる手作り風で、味は実にアメリカンスタンダード。大きくて美味しいけど、特別美味しいわけでもない。(自分では最近はあまりここで買ってない。やはりクリスピークリームには勝てない。)
形はデローンとした縦長の珍しい形のドーナツで、ドーナツの真ん中の型で抜いた部分もくっついて揚げてあるのがとても印象的だった。
こんな地元に愛されているドーナツ屋が6月末で閉店するらしい。
Loudonuts

理由はLouさんから店を引き継いだ今のオーナーのChaviraさんの家族の健康上の問題。こういう状況でやはり毎日ドーナツを作り続けるのは大変だ。ただし、これで終わらないのがアメリカ。
このお店のドーナツのファンで最近このお店で働き出した女性がLouのレシピをベースにそのまま存続させようと考えているらしい。どうなるのだろう。閉店までに一度はいってみよう。このお店の雰囲気は結構すきだったなぁ。
Lou's Donuts : 387 Delmas Ave, San Jose CA

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Lay's Canadaフレイバー

今年のサンクスギビングはカナダのトロントで過ごした。大都市のトロントは冬の寒さにうまく対応できた都市構造になっていて、地下鉄はもちろん、街の中心地は「PATH」と呼ばれる全長27Kmにも及ぶ地下通路が張り巡らされている。地下鉄の駅や多くのビルはこのPATHと連結しているため、ショッピングやレストランにいくのも外にでなくても良い。雨が降っても雪が降っても全く平気なのだ。
そしてトロントはアイスホッケーの街だ。
hofNHLファンなら必ずチェックする「Hockey Hall of Fame」も地下鉄とPATHを使えば外にでることなくいくこともできる。実際に行くと、ここはアイスホッケーチームのジャージや有名選手の写真などが展示されているだけでなく、実際にアイスホッケーを体験できるゲームコーナーがあり、パックをセーブするゴールテンダーや実際にシュートをしたりとそれなりに楽しめた。

そしてスーパーで仕入れたのが以下の3つのLay's。これらはカナダでのみ売られているカナダ限定フレイバーだ。まず目に入ったのはこのスモーキーベーコン味。
laybaconlaypepperカナダのベーコンはアメリカのと違い、バックベーコン(Back Bacon)が普通で、これは背中の脂身の少ない赤身で作られた物。 ハムに似た感じで、パンにマスタードを塗り、こんがり焼いたバックベーコンのサンドイッチは人気の食べ物のよう。スモーキーな香りと味は結構いける。


続いてはSolt & Pepper味。これはかなり期待したものの、全くいけず。ただ塩味が口に残るだけであまり黒胡椒が効いていない。もっと黒コショウのパンチがあってもいいはずだ。
そしてケチャップ味。
layketchupこれは「ケチャップだ。俺はケチャップ味を食べているのだ。」と心の中で叫びながら食べなければケチャップの味を感じることができない。人工のケチャップの味がするポテトチップスだ。ただし、街では何人もこのLay's Ketchupを持って食べ歩いている子供たちにあった。
彼らの熱狂ぶりは食べては指を舐め、食べては指を舐める、これの繰り返しだ。Lay'sのカナダフレイバー、特にケチャップ味にはかなり期待したものの、今一つだった。残念だ。やはりこの味覚を理解するには年をとりすぎたのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

お気に入りのLay's Baked! Chips

NFLをテレビでみながらやはり食べてしまうのがポテトチップス。日本の方が絶対おいしいポテトチップスがあると思うけど、アメリカにも結構いけるポテトチップスがある。その一つがLay'sのポテトチップス。Frito-Lay(フリトレイ)というPepsiCo(ペプシコ)の子会社のポテトチップスのブランドだ。(他には日本でも人気のDoritosもFrito-Layのチップスラインの一つである。)
そして何より安心なのはトランス脂肪酸(トランス脂肪)を全てのチップスから排除していることだ。
トランス脂肪とは、植物油に水素を送り込んで「部分水素化」という化学反応をさせてマーガリンなどを作る時に、どうしても出来てしまうもので最近は有害性がはっきりしてきている。例えばトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、肥満や脳卒中などのリスクファクターとしてかなり大きいといわれている。このトランス脂肪酸に関してはアメリカではかなり神経質になっていて、Trans fat freeのマーガリンも最近は売っている。
さて、Lay'sのポテトチップスの中でもお気に入りなのがこの「Baked!」シリーズ。laybaked
これは揚げたものではなく、文字通り、焼いたものでサクサク感がたまらなくいい。とても薄く、「パリッ」とすぐに割れる感触は他のポテトチップスにはない、全く新しい発見だ。
カロリーも他のチップスに比べ当然半分ぐらい低く、最近は「Baked !Original」からこの「BBQ」味に移り気味だが、これを食べながらNFLをテレビでみていると知らないうちにペプシを2-3缶ぐらい(もちろんDiet Pepsiね)飲んでいる。これって健康にいいのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)