Rock 'n' Roll Half Marathon - Running for Rock!

10/6の日曜はSan Joseで開催されたRock 'n' Roll Half Marathonに参加した。
これは距離はハーフマラソン (13.1マイル)、そしてコースの沿道には約1マイル毎に地元のバンドがライブ演奏し、参加者を応援するイベントで、昨年に続き2度目の参加だ。
Rnrsjstart
サンノゼでは1万人以上が参加するこのハーフマラソンは「Rock 'n' Roll Half Marathon series」として全米6ヶ所 (Arizona, San Jose, San Diego, Seattle, Virginia Beach, San Antonio)で開催され、すべてのイベントに参加すると「THE SUPER SIX」という特別なメダルが貰えたりもする、コレクター心を刺激するイベントでもある。(普通の参加者は集めないと思うけど。)

日本からトップアスリートも参加していて、高橋尚子も2005年のVirginia Beachの大会に参加している。そして今回は日本から加納由理が参加し1時間10分03秒で優勝した。

Rnrsjsahrkie
地元のホッケーチームSan Jose SharksのマスコットSharkieもこんな感じで応援し、みんなとても楽しそうに走るマラソンだ。

自分自身は1マイル8分のペースで1時間45分を目指したものの、3分遅れての1時間47分52秒でゴール。
楽しんで走るには良いペースで、終わった後も足に疲れ等もでず、なかなか充実した楽しいレースとなった。
(といいつつも、イベントのサイトで発見したこの写真はかなり必死の形相で悲壮感すら漂っている。
まあ、カメラを意識したっちゅうことですね。)
Rnrsj

完走するとこのメダルがゴールで渡される。昨年のと比べると今年の方は丸いメダルに。
Rnrsjmedal

| | TrackBack (0)

Sequoia National Parkで熊に遭遇!

今年のサンクスギビングはSan Joseから南に4時間ほどで行けるSequoia National ParkYosemite National Parkで過ごした。
Sequoiaは巨大なセコイア杉が有名な公園で、特に大きなセコイヤの木には歴史上の人物の名前をつけて愛称で呼ばれている。世界最大のGeneral Sherman Tree(シャーマン将軍の木。シャーマン将軍は南北戦争の英雄。高さ83.8m、根元周囲31.3m、根元直径11m)を観るためにはセコイヤの木に囲まれた公園内の山道をどんどん上っていかないといかない。道路は急カーブの連続だったが途中で急に前の車がスピードを落とし、停止した。なにやら山の上の方を見ている人がいるようだ。
しばらくすると前の車から人が降りていき、そして、こっちに来いと手招きをしている。
すると......
Bear2

熊だ。

本物の野生の熊だ。「こんな時はどうするんだっけ..」と意味のないことを考えながら少し近づく。

Bear1

こんなに近くに登場したので少しビビリながらも見ているとそれ程こちらは気にしていない様子だ。ガサガサとなにやら餌を物色中だが何も見つけられない。けっこう執念深く探している。
それにしても自然の熊に遭遇することはなかなかできない経験だ。熊を見てこれほど感動するとは.....驚きだ。

| | TrackBack (0)

東海岸は厳しい!

今週は東海岸に出張となり、Boston (マサチューセッツ州)とEdison(ニュージャージー州)に2泊滞在し、西海岸に戻ってきた。この時期に東海岸へいくと冬を感じる。そして陽が落ちるのも早く、みんな忙しそうに移動する。boston1やはり曇りの日が多く、そして朝は驚くほど寒い。コートを持ってくればよかったのに、持ってこなかったことを少し後悔した。どうせ仕事だからビルの中にいるわけだし、外にあまりでることもないだろうと考えたのが甘かった。
そしてとどめがEdisonだ。Edisonはあの有名な発明王のエジソンが研究所をもっていた場所にちなんで名前がつけられたらしいが、ニュージャージーの小さな町だ。New Yorkのマンハッタンまでも車で1時間ちょっとでいける場所にあるのでJFKかNewarkのどちらの空港を使うか迷ったがNewarkの方がやはり近いのでBostonからNewarkへと移動。夕方の飛行機の出発は遅れに遅れ、到着したのは夜の8時をまわり、そして外は大雨。
小さな空港を想像していたらレンタカーを借りる場所へも空港内の電車で移動をしないといけない、大きな空港だった。夜に雨の中到着したのと道が複雑で空港からEdisonへいくためのフリーウェイになかなか乗れない。橋を間違えてのってしまうとニューヨークに行ってしまうため慎重に看板をみるも分からず。
間違えて他のフリーウェイを途中で降りた地域はみるからに危険地域だし、空港からはフリーウェイが直接接続されているので間違えるとまた元のフリーウェイに戻るのが相当大変だ。目的のI-95はNew Jersey Turnpikeと呼ばれ、自家用車専用線 Cars Only(3車線)と混在線 Cars & Trucks(3車線)に分かれ、上下それぞれ6車線、合計12車線となるとても大きな幹線道路だった。それも有料道路のため、ゲート(料金所)を通過しなければならない。
結論は「I-95 New york」という表示が悪い!
「間違えるとニューヨークに渡ってしまう。」という思いがあってその方向へ行けなかったのだ。3度目に思い切っていくとゲートに入ったものの、目的の「I-95 South」は一番右斜線。入ったのはもちろん左斜線から。
「こ、このままだとI-95 North (New York方面)へ入ってしまう!」と雨で視界の悪い中、クラクションをバンバンならされても動じるレベルは既に超えていたので堂々と横切る。やっとI-95 Southにのれました。
無事ホテルの駐車場に到着し、フロントに向かう時は雨が体に突き刺さるような寒さ。厳しい!
edison
これがI-95。次回は絶対、間違えないもんねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

San Jose Grand Prix 2005

7月の終わり(29-31)にかけて、なんとサンノゼのダウンタウンがレース会場となる「San Jose Grand Prix 2005」が開催された。日頃、50-60キロぐらいで走っている普通の道をレース会場に仕立て上げ、250キロ以上のスピードで「Champ Car」と呼ばれるレーシングカーが走り抜ける。
champcar1
コースのマップは、こちら。もちろん、ダウンタウンの公道でコースを作るため、コンクリートのブロックと網でそれらしく作るのだが、道路の白線や黄色の線はそのまま。
champcar2
3日間の観戦チケットは$60。レースが開催される週の地元新聞「San Jose Mercury News」では、「このビルの屋上から見れば無料でみられる。」「Adobe(ダウンタウンにある)は社員向けに会議室を開放する。」「ダウンタウンのホテル(Marriottなど)では耳栓をチェックイン時に渡している。」等の記事が盛りだくさん。 「どうしたら無料で楽しめるか」なども特集される点がアメリカらしい。
ベイエリアでは今年初めて開催されたため、予選後に本選レースのコースを少し変更するというような、ありえない展開もあったけど、2006年も開催するようだ。新たな夏のイベントにこのSan Jose Grand Prixが定着するか、終了後1ヶ月たった今も議論が続いている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガーリックフェスティバル2005

少し前になるがSan Joseから車で約40分のGilroyで「Gilroy Garlic Festival 2005」が行われた。ここGilroyは大きなOutletがあるので有名だけど、実は「ガーリックの町」として有名である。

毎年大人気の有名なガーリックおじさん。PICT0186

無料で配られる、「ガーリックアイスクリーム」。これ、結構おいしい。PICT0180

当然、スペアリブのソースもガーリック風味。「にいちゃん、食べてってよ。おいしいよ。」PICT0194



| | Comments (0) | TrackBack (0)

"Spring Forward, Fall Back."

明日から、夏時間が始まる。
「時間は進むんだっけ?戻すんだっけ?」と時間の合わせ方が分からなくなるが、その時に使われるのが、"Spring Forward, Fall Back." 「春は前へ、秋は後ろへ」だから、4月3日の夜中の2時に1時間進める。
SavingTime
夏時間の本当の呼び方は"Day Light Savings"というらしい。
つまり、1時間時計が早くなると、今まで夜は7時で暗くなってたのが、8時で暗くなることになる。これから夏に向けて陽が長くなると夜は9時近くまで明るくなる。(そうなれば電気代が節約できることになる。)
夏時間になると、仕事終わってからもいろいろできるし、野球のシーズンも始まる。

今年も雲ひとつ無い、毎日が快晴の、カリフォルニアの長い夏が始まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デスバレー

クリスマスの休暇に「冬のグランドサークル制覇」を目指し、まずはデスバレーに。
グランドサークル(Grand Circle)とはグランドキャニオンやモニュメントバレーなどネバダ州、アリゾナ州、ユタ州に点在する国立公園・国定公園のエリアを指す。
LA → Las Vegas → Death ValleyといったところでGrand Canyonが2-3日雪となる天気予報のため、結局先はあきらめ、戻ってきた。

PICT1043
何もない。

PICT1017
やはり、ここは冬に来て正解。

アメリカの国立公園は中でキャンプができるところが沢山ある。今度はキャンプ用品を持って再度挑戦したい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

秋の気配

ボストンでは少しだけ時間があったのでハーバード大学の構内を少し歩いてみた。
ハーバードには、過去にホワイトハウスで実際に大統領に仕えていたという教授達がたくさんいる。かれらは今のアメリカをどのように感じているだろうか。
harvard.jpg
この構内を歩く学生の多くは様々な夢を持ち勉強しているのでしょう。

これは帰りの飛行機の中からとった写真。
sky.jpg
San Jose上空でこんなに雲の厚い空に遭遇するのは今の時期だけでしょう。

今年はハーバード大学の落ち葉と空で秋の気配を感じました。というかもう、冬か。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ボストンは雨

昨日から仕事でボストンに来ている。
アメリカの大統領選挙があった次の日で、丁度結果が分かった日でもある。タクシーの運ちゃんも「さっき、ケリーはそこで敗北を認める演説をしてたよ。」と教えてくれた。
ボストンは今年はフットボールではNew England Patriotsがスーパーボウルを制覇しメジャーリーグでもRed SoxがWorld Seriesを制覇、このまま大統領も....との勢いだったらしい。タクシーの運ちゃんは「ブッシュは西海岸と東海岸の主要な州は全部落としている。真ん中と南の田舎の農民の票のお陰で当選した。あいつらに何が分かる!」と熱く語っていた。
インターネット上には選挙の結果を物語っているサイトもあった。そしてボストンは雨が降っていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)