Life Is Good, Football Is Better!!

NFLのシーズンが始まり、あっという間に今週はWeek4だ。
この時期になると週末の試合を観るのが遠しく、本当に楽しみになる。

Ligfib

生きていく上で、「こうすればうまくいくのでは?こんなことがやりたい。こうなりたい。」と自分でも考えるのだけど、全てが自分の思うように進むわけではない。そして、考え方がいくら良くてもうまく実行できないこともある。
うまく行かないことや失敗してもいつまでもくよくよしているわけにはいかない。前に進むためには今の状況を受入れ、最も良い選択を考えて実行し、新たな道を切り開いていかなくてはならない。

戦略を考えるコーチとそれを実行する選手たち。完璧なプランをコーチは用意したつもりでも試合ではいろんなことが起こる。NFLのFootballのプロの選手でさえ、単純なミスをするのだ。そうした中で次をどう進めていくか。

Footballをこういう視点でみるとNFLの試合から多くのことが学ぶことができる。
うまくいってもうまくいかないことがあっても常に前向きに考え、前に進んでいく。人生と重ねて観ているからFootballを観るのがこんなに面白いのかもしれない。

Life Is Good, Football Is Better!

RaidersはQB/RBの補強にもかかわらず今年も1-2と負けのスタートだが必ず道が開けるはずだ。Go Raiders!!

| | TrackBack (0)

Raiders, JaMarcus Russellを獲得!

Raidersは今回は素直にJaMarcus Russellをそのまま指名した。全体1位をそのままキープし順当な指名をするとはAl Davisらしくないが、正しい選択だ。
JaMarcus Russellは身長 198cm, 体重 119kgの大型QBで84ydsを投げる強肩だ。さらにパワーとスピードを持ち身体能力は非常に高い。(並のDEやTEより大きい!!)
今年はこれでプレシーズンの試合も楽しみになった。早く8月になってくれ!!
Jamarcusrussell2007


| | TrackBack (0)

NFL Draft 2007

明日はいよいよNFL 2007シーズンのドラフトだ。

Nfldraft

昨年最下位であったRaidersが依然としてドラフト1位の権利を持っている。これは驚きだ。
オーナーのAl Davisは直前までどう動くのか分からない。ドラフト指名権はトレードすることもできるからだ。
Al Davisは1位の権利をトレードダウンし、複数プレイヤーの指名をする可能性もあるが、今年はこのままメディアの予想通り、LSUのQB, JaMarcus Russellをそのまま指名するのか、それともNotre DamのQB, Brady Quinn、もしくは身体能力の高さが評判のGeorgia TechのWR, Calvin Johnsonを取るのだろうか。

先週からNHLに続きNBAのプレイオフも始まり、今週はNFLのドラフトと、スポーツ好きにはとても忙しい季節だ。
ドラフト当日は32人の選手が選ばれるのに、1チーム15分の持ち時間で5時間以上もかかる一大イベントであり、チームとファンにとって非常に重要な日となる。当然、ドラフトの様子は生放送される。
また、4月に入った辺りから、この日のためにNFLのファンはMock draftと称して、ドラフト選出を予測して楽しむのだ。
もうNFLの2007シーズンは始まっているのだ。

| | TrackBack (0)

情報操作疑惑 - アフガニスタンにて戦死したPat Tillman -

今週の日曜日は今年で2回目となるPats' RunがSan Joseで開催される。
Pat's Runとはアフガニシタンにて戦死したSan Jose出身の元NFLの選手、Pat Tillmanを忘れないためのレースだが、それを前に呆れるニュースが連日、メディアで取り上げられている。
24日の公聴会で、Pat Tillmanの死因は「敵対勢力との銃撃戦の中、身をもって自由を守った」のではなく、味方の誤射であったことが明らかにされたのだ。さらに軍は事件の1週間後には、誤射を認めるメールをホワイトハウスに出していたのに、Tillman一家には一切告げず、勲章を出すなど隠匿工作に動いていたらしい。
また、理由も呆れてしまう。
当時、マスメディアの関心がイラク刑務所における収容者への虐待疑惑に集中していたため、Pat Tillmanが誤射で死んだとなれば、さらに問題が大きくなりかねないと判断し、「名誉の戦死」として、Pat Tillmanをヒーローに仕立て上げたようだ。
こういう情報操作は決して許されるものではない。
今年4/7に行われた、アリゾナのTampeでのPat's Runには15,000人以上が参加したが、こういったニュースが明らかになった後のSan Joseでは反戦や軍に対する不満を示す多くの人が参加することになるだろう。
昨年のPat's RunではPat Tillmanの家族も登場し、みんなに励まされていたが今年は参加者はどんな言葉をかけるのだろうか。そう考えると心が痛む。どんな気持ちで走ればいいのだろうか。

| | TrackBack (0)

ColtsがSuperBowlを制す!

遂にColtsが、Manningが頂点に輝いた。今年が第41回のスーパーボウルはColtsが Bearsに29-17で勝ち、Payton Manningは9シーズン目にしてやっと最も欲しかった勝利を手に入れた。
今年はスポーツが大好きな友人とその友人で昔Chicagoに住んでいたことがあり、当日日本からタイミングよく出張して到着したばかりの方を家に招きスーパーボウルの観戦をした。
試合の前日の天気予報では当日は雨になるとのことでBears有利ともいわれたが、Coltsのオフェンスは堂々としたもので逆にBearsが雨に悩まされた格好となった。Manningは結局パスでも 247ydを獲得し、MVPにも選ばれたのである。
ゲーム開始早々のキックオフで92ydのリターンTDを決めてColtsがBearsを追いかけるという、盛り上がりが期待できる展開となったがやはり雨は良くない。同じ条件といえ、見ているほうもいまひとつ盛り上がりに欠ける。
やはり最高のコンディションで最高の試合がスーパーボウルであって欲しい。
1QでBearsは14-6でリードし、ハーフタイムでColtsが16-14と逆転、3Q終了時点でColtsが 22-17。
Bearsもまだまだ十分なチャンスがあったが、Bearsは残り 12分でQB Grossmanが右サイドへのパスがインターセプト、そのまま56ydリターンTDとなり29-17と点差が拡大してしまった。結局、BearsはQBのGrossmanが4Qの勝負どころで崩れ、 2回のインターセプトにより自滅した格好となってしまった。
Coltsが勝利したのはうれしいが、DivisionalでのNew England戦のように最後まで熱い試合を期待していただけに最後は少し抜けた感じだ。

今年は30秒のCMスポットが最高2億5千万円程にまで高騰し、スーパーボウルは唯一のコマーシャルまで楽しめるイベントだが、コマーシャルも50ほどあり、すべて見るわけには行かず、結局YouTubeでチェック。
以下は10本をまとめたSuper Bowl Ad Best 10である。

| | TrackBack (0)

Playoffs? - Jim Moraの名言がCoors Lightのコマーシャルに登場!

今年のCoors Lightのコマーシャルに往年のNFLヘッドコーチが登場している。
中でも最高なのが元ColtsのヘッドコーチJim Moreの名言(暴言!)を利用したコマーシャルだ。

オリジナルは2001年の11月にSan Francisco 49ersに負け、4勝6敗となってしまった後のプレスカンファレンス。この時のQBはもちろんPayton Manningでパスが何本もインターセプトされた最悪の試合内容だった。
ヘッドコーチJim Moraはカンファレンスの最後に記者にPlayoffsの可能性を聞かれ、激しい口調で答えた。

"What's that? Playoffs? Don't talk about- playoffs? You kidding me? Playoffs? I just hope we can win a game!"
(何だって?プレイオフ? くだらない話をしないでくれ。プレイオフだって?からかっているのか。ただ試合に勝てるかどうか願うだけだ!)

(これがオリジナル版。)

このシーズンでJim Moraはコーチを解雇され、Coltsのヘッドコーチには同じくTampaを解雇されたTony Dungyが就任したのである。Jim Moraにはもう一度NFLのヘッドコーチに復帰してほしい。

| | TrackBack (0)

Michael Vickはシロ、NFLは薬物検査を強化へ

Atlanta FalconsのQB, Michael Vickがマイアミ空港でペットボトルにマリファナを隠し持っていたのではないかという疑惑は結局、薬物が見つからなかったとの発表があり、Vickの疑惑がはれた。
結果はよかったが、しかしなぜ外から分からないように内部に仕切りのあるボトルを隠し持っていたのかという疑問は残る。

一方でNFLと選手会は今後薬物検査を強化することで合意したようだ。そして検査対象者の人数を12,000人に増やし、違反選手には試合への出場停止だけでなく、罰金を課すことも新しく決まったとのこと。
NFLの人気が高いのも他のプロスポーツに比べより厳しい薬物検査を実施しクリーンなイメージを作りあげてきたからであり、また違反者に対しても厳しい処分を課すのだが、それでも薬物を利用する選手が中にはいる。
プロはプロフェショナルなレベルで勝負するべきであり、こういった検査を強化しなければならない現状はNFLにとって本意ではないと思うが、ファンやリーグにとっては大切なことである。この発表以降、違反者が出てこないことをファンの一人として願いたい。

| | TrackBack (0)

Raidersの新ヘッドコーチはLane Kiffin!

Raidersの新しいヘッドコーチが決まった。31歳のNFLでの最年少ヘッドコーチLane Kiffinだ。
ラジオでKiffinと聞いて「Tampaのディフェンスのおっさんか?」と思ったが、そのおっさんの息子で、今年までUniversity of Southern California (USC)のオフェンスコーディネーターを務めていた。

Kiffin

Art Shellはチームを立て直すことができずRaiders史上最悪の2勝14敗の成績不振で解任され、新たなヘッドコーチを探していたところだ。
スーパーボウルが終了してからの新ヘッドコーチ就任のパターンであったRaidersがヘッドコーチ解任後こんなに早く起用するとは意外である。ディフェンスコーディネーターのRob Ryanが昇格するのが有力と言われていたが、個人的には以前2002-2003年にRaidersのオフェンスコーディネーターをやっていたMarc Trestmanがヘッドコーチになればと思っていた。
KiffinはNFLでのコーチ経験は1年ほどしかなく、ずっとカレッジで指導してきている。カレッジで成功したコーチがNFLでも成功するケースはそれほど多くない。Al DavisはNFLで殆ど実績のないKiffinを何故選んだのか。
Oakland A'sのGeneral Manager, Billy BeaneとA'sの監督の関係が頭に浮かぶ。
結局、「Al Davisの操り人形」になりやすい人間が今回は選ばれたのかもしれないが、Kiffinがどういうチームを作っていくのか楽しみでもある。

ただ、会見でのこの発言は、Kiffinの知的レベルも疑われてしまう。

"I can't wait to walk into the Coliseum, into Raider Nation," he said. "I just got done talking to the ticket people, trying to buy my family - which is my wife (Layla), a 2-year-old and a three-month-old - tickets in the Black Hole."

「コロシアム(オークランドのスタジアム)に、レイダーネイション(レイダースの熱狂的なファン)に入っていくのが楽しみだよ。ちょうどチケットの担当者と話をしたところなんだ。私の家族の分のチケット-私の妻と2歳、そして3ヶ月の子供たちの分のチケットを買おうとしてるんだ。"ブラックホール"にね。」

ブラックフォールとはオークランドのフィールドの1階席エンドゾーンに位置する席だ。席があるだけで試合中は座ることはできない立見席。当然、プレイ毎に賞賛と罵倒でRaidersを心から応援するとても激しい席だ。

Bhole2

もちろん、こういうRaidersファンの方々で埋めつくされている席だ。

Bhole3

いくら熱いヘッドコーチといえども、ファンにゴマをする前に、家族の身の安全を考えるべきだ。その前にこの席は子供は泣くでしょう。

| | TrackBack (0)

Payton Manningが念願のSuperBowlへ!

2月4日に開催されるSuper Bowlの出場チームが遂に決定した。
NFCは39-14でNew Orleans Saintsに圧勝したChicago Bears。そしてAFCはNew Englandに21-3と18点の差をつけられながらも残り1分で逆転に成功し、 38-34で勝ったIndianapolis Colts。
特にNew EnglandとIndianapolisの試合は久しぶりに最後まで息をするのを忘れるほどの白熱した試合となり、試合終了後はただTVで観戦しただけなのに驚くほどの疲労感を感じた。

New OrleansとChicagoの試合はまるで我らがRaidersとTampa Bayが戦った37回のSuper Bowlを思い出させる試合展開だ。オフェンスでは圧倒的な得点力で評価が高く、オフェンスランク1位で最有力といわれていたNew Orleansが結局Chicagoのディフェンスの前に敗れた。Reggie Bushの88ヤードTDでのパフォーマンス(宙返りしてのTDとエンドゾーンセレブレーション)は完敗を前に酷評され、かなり惨めな結果となった。

そしてNew EnglandとIndianapolisの試合は最高レベルの熱い試合だった。
New EnglandのAsante Samuelにインターセプトタッチダウンされ21-3となり18点を追いかけることになってしまった時はColtsのManningを見ているのが辛くなってしまった。このまま崩れていくのかと思ったが今回は違ったのだ。
4Qでやっと31-31と追いついたのもつかの間で残り4分でNew Englandにフィールドゴールを決められ31-34と引き離される。そしてディフェンスが踏ん張り、ラスト2分でオフェンスへと望みを繋げた。
自陣20ヤードからのラスト2分のオフェンスはBryan Fletcherへの32ydパスを決め、そしてRoughing the Passerの反則ももらいながら敵陣 11ydにまで攻め込んだ。そして3回ランで時間を消費し最後はRB AddaiがTDを決めた。

それにしてもNew Englandはプレイオフで圧倒的な強さを見せている。ここ 5年間で 3回スーパーボウルを制覇し、今回もあと一歩のところだった。残り1分を残しNew Englandは反撃する。Payton Manningが頭を抱え下を向き、残り1分のNew Englandの攻撃は直視できない状態だ。
Tom Bradyは19yd, 15ydのパスを決め、Indianapolisの陣内へ入ったものの、Marlin Jacksonがインターセプトを決め試合は終了となった。

最高の試合だ。特に終わり方がいい!

本当に最後まで諦めない試合をしたColtsはSuper Bowlに向け最高にいいチーム状態になっていると思う。
Manningは試合中右の親指を痛めたがX線検査の結果骨には異常がないことも判明した。これで思う存分戦える。今年のSuper Bowlは最高の試合になりそうだ。
Go, Colts! Go Manning!
Manning2

| | TrackBack (0)

Michael Vickはどうなる?マリファナ疑惑

Falcons' GM Rich McKay hopes Vick avoids ugly pattern of behavior

NFLのプレイオフの話題で毎日テレビやラジオは持ちきりだが、この2日間のもうひとつの大きな話題はAtlanta FalconsのQB, Michael Vickの話題だ。
実は1/17水曜日にマイアミの空港のセキュリティチェックでMichael Vickは水を機内に持ち込もうとして呼び止められた。普通の水ならそれを捨てて終わりだが、Vickが持ち込もうとしたボトルは外からわからないように内部に仕切りが作ってあり、その中はマリファナらしき物質があったとのことだ。Vickは逮捕はされず、そのままアトランタへの飛行機に搭乗し午後にはアトランタへ移動した。まだ警察による正式な分析がでていないが1週間程で結果はでるとコメントをしている。

Vickは11月にも 31-13でNew Orleansに敗れた際、ブーイングをするファンに対して「中指を立てる」ジェスチャーをしこれがテレビで放映され大きな問題になった。NFLに$10,000の罰金を払い、そして$10,000をチャリティーに寄付をしている。

AtlantaはヘッドコーチだったJim Moraを解任し来期からBobby Petrinoがヘッドコーチとなることが決まっている。VickはAtlantaだけのスターでなく、NFLでも大スターであり、マリファナ所持が事実だとすると場合によってはAtlantaが放出する可能性も高い。Michael Vickは今後どうなるのだろう。

もし放出されたらAl Davisよ、ぜひ面倒を見てくれ!NFLでもRaidersなら少々悪いイメージでもなんとかなる。
強肩のVickならAl Davisの大好きなバーティカルなパスもなんとかなるはず。ちゃんと出直して結果を出せばいい。最強のVick-Mossラインで今後Raidersもがんばっていけばいい!

どうなるかわからないが、スーパーボウルへ出場するチームが決まった来週にはまたこの話題で持ちきりとなるだろう。
Vick

| | TrackBack (0)